【全品5%OFF】開催中

レボマックは、クラビット錠のジェネリック薬です。
先発の薬「クラビット」が有効なのは主に「細菌」による感染症です。
クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラ細菌にも効果があり、様々な感染症の治療に用いられます。

レボマック(クラビット錠のジェネリック)は、尿路感染症のみならず、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科領域の感染症などに広く用いられます。

【成人】
通常、レボフロキサシンとして1回500mg(1錠)を1日1回経口服用します。
なお、疾患・症状に応じて、医師の指導の下適宜減量します。

腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(1錠)を1日1回14日間経口服用します。

≫レボマック(クラビット錠のジェネリック)の主な副作用
発疹、じん麻疹、光線過敏症。
下痢・軟便、吐き気。
めまい、頭痛、眠気。

≫重い副作用…初期症状に注意してください。
アナフィラキシー・ショック
気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。

重い皮膚症状
高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

けいれん
めまい、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、筋肉のぴくつき、意識低下、全身けいれん。

重い不整脈
動悸、脈が1分間120以上または50以下、脈が弱い、胸苦しい、だるい、めまい、失神。

腎臓の重い症状
尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。

大腸炎
激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血。

重症筋無力症の悪化
まぶたが下がる、力が抜ける、動作が鈍る。

レボマック500

淋菌性尿道炎

クチコミを見る(0件)

平均評価: 0 (0)

レボマック500は、クラビットのジェネリック薬です。 様々な感染症の治療に用いられます。腫れや痛みを改善し熱を解熱効果もあるとされています。

¥ 2,400 ¥ 1,995


¥ 3,600 ¥ 3,040


¥ 5,600 ¥ 4,750


¥ 7,200 ¥ 6,080


製品名 Levomac500
製造元 ABCA PHARMA LAB(Thailand)CO.,LTD.
分類 合成抗菌剤(キノロン系)
内容量 5錠 / 箱